■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
単焦点派? それともズーム派?
Joeは基本的に単焦点レンズ派。撮影会でポートレートを撮る時には、2台のα-7Dで単焦点レンズを何本も交換しながら撮影してます。ただ最近、白ホリや布バックの箱型スタジオでの撮影機会が多くなってから、ズームレンズの使用頻度もかなり高くなりましたねぇ。箱型スタジオはモデルさんとの最短撮影距離が遠くてあまり寄れないし、自分の後方のスペースもそんなにあるわけではないから、摺り足ズームもやり辛いしね。それで画角に変化を付けるためにズームをかなり多用してます。
単焦点レンズとズームレンズを比べると、単焦点レンズの方が画質が良いし、明るいし、軽くて扱いやすいし、値段も安いから、Joeの撮影スタイルからいうと圧倒的に単焦点の方が好みなんだけどね。でも、簡単に素早くズーミングで画角を変えることができるズームの利便性もやっぱり好いよねぇ。撮影スペースが少ない箱型スタジオや、多人数の囲み撮りの撮影会やイベントの撮影タイムでの撮影などの時に、それは強く感じます。あと、この前の日曜日みたいなお散歩撮影会だと、撮影しながらどんどん画角をスピーディーに変化して撮りたいから、ズームの方が撮りやすいかな。比較的少人数で撮影スペースが広めの、公園での撮影やハウススタジオでの撮影では、単焦点レンズの方がJoeは撮りやすいです。
そういうワケで、最近ズームの利便性も見直してるJoeです。単焦点には単焦点の良さが、ズームにはズームの良さがあるよね。画質優先なら単焦点で、画角優先ならズームでと、ケース・バイ・ケースでバランスよくレンズを使い分けて、好い感じの写真をたくさん撮りたいなぁ~☆

それでは今夜の写真。9/10のサファイヤ撮影会2部の葉里真央さん@渋谷イーストスタジオの写真です。(α-7D撮影)
この写真は、Joeが最近箱型スタジオで多用している、AF28-135mm/F4-4.5で撮影した写真。前にも何度か言ったけど、このレンズは20年前のクラシックαのレンズで、重い(770g)、暗い、最短が遠い(1.5m)、AFが遅い、動作がウルサイ、傾けると自重でズームが伸びるなど、欠点が結構多いレンズ。だけど画質に関してはかなり良好なレンズで、ピント面の繊細なシャープさも好いし、ボケも比較的素直で、ズームとしてはなかなか好い感じの写りをしてくれるレンズです。
この撮影会では、このレンズで半分近くを撮影。スタジオだけなら半分以上、このレンズで撮影してました。単焦点レンズに比べると、画質はちょっと落ちるとは思うけど、画角が28-135mmで、α-7Dだと換算画角で42-203mmになるから使いやすいからね。箱型スタジオでは、ホント重宝しています。
でも、このレンズはデカくて重くて、しかも最短距離が長くて寄れないレンズだから、お散歩撮影会には1番向いてないレンズだろうなぁ。軽量コンパクトで、最短撮影距離が近くて寄れる、画質の良いお散歩撮影用のレンズがほしいねぇ。できれば、現在使用してるタムロンのAF28-75/F2.8よりもコンパクトなレンズがほしいなぁ。
9/10サファイヤ撮影会2部の葉里真央さん@渋谷イーストスタジオの写真(α-7D&AF28-135mm:F4.5X1/125s@ISO200)

それから、真央さんの出演情報を少しだけ。
葉里真央さんは今度、10/14(土)のプレミア企画撮影会に出演される予定です。いやぁ、グッド・ニュースだねぇ♪\( ⌒▽⌒ )/ バンザーイ
プレミア企画撮影会は、Joeが1番参加しているホームみたいな撮影会。Joeにとっては1番撮りやすい撮影会です。その撮影会で真央さんが撮れるのは、やっぱりうれしいよぉ♪ これまで真央さんを1番多く撮影してる撮影会でもあるし。
詳細はまだ不明ですが、今回はどうやら横浜での撮影会みたいですねぇ。Joeは横浜では真央さんは初撮影だから、とっても楽しみです♪
この撮影会の詳細は、プレミア企画さんのHPをご覧ください。
とは言っても、まだ詳細は出ていないけどねw・・・多分そのうち出ます。

カメラ | 23:47:30
3連休なんて、あっという間・・・
3連休も今日で終わり。休みって時間が経つのがホント速いよねぇ。
この休みの間、近くの街をぶらぶらしたり、のんびりシエスタしたり、あとちょっとだけ書き物のお仕事をしたりして、写真のセレクション作業はあまり進まなかったかな。休みになるとどうも、Joeはグータラに怠惰な生活を送っちゃうことが多いみたい。生来、怠け者なんで。(笑) どうもスミマセン。
でもおかげで、この3連休で心も身体もリフレッシュ。先週は何か疲れが溜まってた気がしたけど、体がスッキリとして軽くなった感じ。これで明日からまたガンバレます。
あと、この連休中にやったことと言えば、デジイチ1台(α-7Dの2号機)を、調整&CCDのクリーニングに出したことかな。とりあえず数週間、撮影会の予定が入ってないし(もしかしたら来週の3連休のどこかにちょっと参加するかも知れないけど)、この間に気になった部分の調整とCCDのクリーニングをしておこうかと思って。サービスセンターにとっては、Joeは結構ウルサイ客かもね。何センチ後ピンだとか、CCDが数度傾いてるとか。いつも丁寧に対応していただいているお店やサービスセンターの方、どうもありがとうございます。
Joeもα-7Dを購入して、かなりのペースでシャッターを切ってるから、1号機のシャッターユニットがそろそろ故障し始めるんじゃないかと、ちょっと心配しているところ。段々と後継機のことも考えておかないといけないかな。今の所、αユーザーのJoeにはソニーブランドのα100しか選択肢がないんだけど・・・。α100はとっても良くできてるカメラだと思うけど、操作系やファインダーがα-sweetDと同じだから、イマイチ購入に踏み切れないんだよね。それで、α-7Dの後継機が出るのを待ってます。まぁJoeは、現在使用しているα-7Dがかなりのダメージで故障でもしないと、なかなか後継機を購入しないと思うけど・・・。
それで後継機を考える時に問題になるのが、CCDなどの撮像素子のサイズがフルサイズ(24mm×36mm)のカメラにするか、APS-Cサイズ(15.7mm×23.5mm)のカメラにするかということ。フルサイズが良いのかAPS-Cが良いのかに関しては意見が分かれるところだと思いますが、Joeの個人的な意見としては両方ともメリットとデメリットがあるけど、バランスが取れてて撮りやすいのはAPS-Cかなと思ってます。
フルサイズがAPS-Cに比べて優れていることの1つは、1画素あたりの受光面積が大きいことがあるけど、感度面では確かに有利だけど、でも今のAPS-Cサイズのデジカメでも、高感度撮影でもほとんどノイズとか問題にならないもんねぇ。暗闇で撮影するならフルサイズの受光面積の大きさが有効かも知れないけど、普通の撮影ではほとんどAPS-Cで充分だしね。
レンズの画角がAPS-Cがフルサイズの1.5倍になることは、一長一短かな。望遠側では有利になるし、広角側では不利になるし。Joeの場合は、使用画角(換算値)が30~300mmで超広角は使わないから、レンズが軽量&コンパクトになる分APS-Cの方がメリットが大きいかな。最短撮影距離はレンズ固有の特性なので、APS-Cの方が同じ画角でもより寄れることは、寄りの撮影が多いJoeにとっては大きなメリットになるし。
レンズのディストーションに関しては、より広角のレンズを使わなきゃいけないAPS-Cの方が一見不利の様に思われるかも知れませんが、実際にはAPS-Cは画像の歪みが少ないレンズの中心部しか使わないから、結果としてはフルサイズと同等以上だし。レンズのパースペクティブはレンズの画角と撮影距離で決まるから、これはほとんど差がないし。
周辺光量、周辺画質、口径食に関しては、画質の良いレンズの中心部しか使わないAPS-Cの方がフルサイズよりも圧倒的に有利ですね。
ただ、APS-Cがどうしてもフルサイズに敵わないのは、ボケの大きさと被写界深度の浅さ。これは絞り約1段分ぐらい差があります。例えば、APS-CサイズのデジカメにF2.8のレンズを付けたとしても、実質的にはフルサイズでF4に絞った写真みたいになっちゃいますねぇ。APS-Cのデジカメにニーニッパ(200mm/F2.8)を付けるとサンニッパ(300mm/F2.8)になるというのはある意味間違いで(画角とF値は確かにそうなるけど)、撮れる写真から考えると感覚的には300mm/F4みたいになると思えば良いかも。各換算焦点距離でフルサイズのF2.8のボケの写真を撮るためには、APS-CではF2のレンズで撮る必要があるということですね。なのでJoeは、明るい(F値の小さい)単焦点レンズを使っているのですが。
あっ、あとファインダーの大きさはフルサイズの方が有利かぁ。大きくて見易くなるから。
あと、オリンパスや松下のフォーサースという規格もありますが、あれはボケの大きさが2段落ちだから、実質的にF4以上の写真しか撮れないので(F1.4のレンズを解放で使えばF2.8並みの写真は撮れるけど)、Joeにとってはちょっと問題外かな。被写界深度が深い写真を撮りたいならコンデジを使うし、規格として中途半端な気がします。
これらのことから、ボケの大きさや超広角の使用、あとはファインダーの大きさに拘るならばフルサイズのデジカメの方が良いし、そうでなければAPS-Cの方が良いというのがJoeの個人的な意見。何より、APS-Cの方が安価でコストパフォーマンスが高いもんねぇ。Joeの撮影スタイルから考えると、APS-Cの方があってると思います。
そう考えると、Joeの希望としてはα-7Dの後継機はAPS-Cサイズで、カメラの基本的な性能をパワーアップした形で出てほしいかな。そうしたらJoeも、SONYロゴの入ったデジイチを使うことになるかも・・・。そう言いながら、α-7Dの後継機がもしフルサイズCCDで出れば、Joeももしかしたらフルサイズユーザーになるかも知れないけどね。(笑)

それでは今夜の写真。8/6のプレミア撮影会1部の安井京子さん@小動岬の写真です。(α-7D撮影)
安井京子さんは、日刊ゲンダイの「@失礼します」に出演されていましたねぇ。「@失礼します」の公式ブログには、ちょっとだけインタビュー動画も載ってるよ。
このブログの記事によると、京子さんは近々ブログを開設予定ということなので、楽しみですねぇ♪
8/6プレミア撮影会1部の安井京子さん@小動岬の写真(α-7D&AF50mmマクロ:F2.8X1/1000s@ISO100)


カメラ | 23:53:20
新αシステム・・・期待できそう♪
今日(もう昨日かぁ)は、帰りの電車で爆睡。久々に降りる駅を2駅ほど乗り過ごしちゃいましたよぉ。今朝も5時起きだったもんねぇ。やっぱり睡眠不足だった様です。ちょっとオツカレさんかな。
今日は早めに寝ようって、もうこんな時間。(笑)

あっ、帰りに月刊カメラマンを買って読んだら、ソニーのα100の記事が。なかなか良さそうですねぇ。でも、このα100はα-sweetデジタルの後継機だもんなぁ。上位機種のα-7デジタルの後継機がでたら、ちょっと考えようかな。
でも、それ以上にJoeの興味を引いたのは、新しく出るレンズの話。基本的に、300mm、70-200mm、35mmのGレンズ、STF135mm、50mmと100mmのマクロ、50mmや20mmなどの単焦点レンズなどは、ミノルタの銘玉レンズがほとんどそのままソニーブランドで発売されるようですねぇ。好かった!好かった!
でも、銘玉の誉れ高い85mmや200mmの単焦点や17-35mmズームのGレンズがディスコンになるのは悲しいですねぇ。また再発売してくれないかな。まぁ、これから少しずつレンズが発売されてくるみたいだから、リニューアルされて発売されるかも知れないし、期待してます。ついでに、28-70mmのGレンズも最短撮影距離を短くして再発売してほしいなぁ。
あと、カールツァイスのプラナーT*85mmやゾナー135mmが発売されるのは朗報ですねぇ。特にプラナー85mmは、αの85mmと撮り比べをしてみたいですねぇ。繊細さとボケの美しさのαと、色のりとシャープさのプラナー、どちらも魅力溢れるレンズです。まぁJoeは19万円のプラナーなんて買えないから、撮り比べる時はレンタルで。(笑) αの85mmは旧型が中古で4万円程度で買えないかなぁ・・・。あと、プラナーの50mmとディスタゴンの28mmも発売されてほしいなぁ・・・。
心配されましたが、αユーザーとしてはほっと一息と言うところでしょうか。今後に期待できる感じです。あとは、新しいレンズの発売が発表されたから、旧型のレンズの中古相場が安くなってくれないかなぁ・・・。

それでは今夜の未公開写真。去年5/8のプレミア撮影会2部のこばやしまり さん@哲学堂公園の写真です。(α-7D撮影)この写真は、AF100mm/F2で撮った写真。このレンズはJoeが所有する唯一の望遠の単焦点レンズで、お気に入りのレンズ。このレンズも2つの85mmの単焦点と撮り比べてみたいですねぇ。果たして、この中古で3万円ちょっとの隠れ銘玉レンズで、正真正銘の85mmの両横綱銘玉レンズとどれくらい勝負できるか。意外と良い勝負かも・・・。
去年5/8プレミア撮影会2部のこばやしまりさん@哲学堂公園の写真


カメラ | 01:11:08
日曜にGETしたレンズのお話
一昨夜のブログにちょっと書いたけど、日曜日に探してた2本のレンズに運良く遭遇し、2本のレンズをGETしました。そのレンズは、ミノルタαのAF28-135mm/F4-4.5とAF70-210mm/F4というレンズ。2本とも、クラシックαと呼ばれるα-7000が出た頃に一緒に発売された20年前のモデルのズーム・レンズだよ。
クラシックαは最初期のAFレンズで、MFの頃のロッコール・レンズの面影を残すレンズ。デザインがちょっと古くて、ちょっとごつくて重いけど、描写性には定評があるレンズです。Joeもこれまで、AF100mm/F2やAF20mm/F2.8などのレンズを使っているけど、ホント描写性が好いよぉ♪
それで、AF28-135mm/F4-4.5とAF70-210mm/F4の2本のレンズは、レンズ評価で有名な「PhotoZone」でテレ側でもワイド側でも描写性で「good(3つ星)」や「very good(4つ星)」の高い評価を得ています。これはJoeも使ってる、描写性が良好なタムロンAF28-75mm/F2.8よりも高いくらいですね。「superb(5つ星)」はほとんど単焦点レンズにしか付かない様な評価で、高い描写性を誇るミノルタでもこの評価を受けてるズーム・レンズは、描写性ならズームレンズでトップと言われる、AF17-35mm/F3.5G、AF28-70mm/F2.8G、AF70-200mm/F2.8GのGレンズだけだもんねぇ。なので、「very good(4つ星)」評価を受けるのはズームレンズではトップレベルの描写性ということになります。因みに、αの単焦点レンズはほとんど「superb(5つ星)」評価だけどね。
Joeは、レンズの描写性なら単焦点、利便性ならズームと思っているから、スペースが活用できる場合には画質優先で単焦点レンズを使いますが、多人数の囲み撮りとかでスペースが使えない時にはやはり利便性に優れるズームレンズも必要かなぁと思ってます。ただ、どうせズームレンズで撮る場合にしても、単焦点までの描写性までは要求しないけど、ある程度の描写性はほしいものね。それで少しでも描写性が良いレンズがほしいと思ってました。
でも、サスガにGレンズは高くて買えないものねぇ。3本併せると60万円くらいになっちゃうかな。それで目を付けてたのがクラシックαのズームレンズというわけ。AF28-135mm/F4-4.5とAF70-210mm/F4はそれぞれ、ヤフオク相場で2万円くらいだから、2本併せても4万円くらいでGETできるもんねぇ。しかもJoeはこの2本のレンズを8千円と5千円でGETしたから、2本で1万3千円しか投資してないし。果たしてこの2本のレンズがどんな描写をしてくれるのか楽しみです♪
とりあえずAFのピント精度のチェックだけはして、2台のα-7Dで問題なかったし、あとは実写テストでどんな写真が撮れるかですね。今週末参加予定の撮影会で、早速テストしてみようかな・・・。
ただこの2本のレンズ、Joeにとってちょっと問題が・・・。2本ともデカくて重い・・・。Joeは普段500g以下のレンズしか使ってないから(ほとんどが2~300gですね)、この770gと700gの2本のレンズはホント重く感じます。
あと、最短撮影距離が遠い。AF70-210mmは1.1mだからまだ良いけど、AF28-135mmの1.5mはちょっと遠すぎますねぇ。全然寄れないもの。ホリゾントスタジオ専用になりそう。

それでは今夜の未公開写真。去年5/8のプレミア撮影会1部のこばやしまりさん@哲学堂公園の写真です。(α-7D撮影)
去年5/8プレミア撮影会1部のこばやしまりさん@哲学堂公園の写真

この写真はα第2世代(15年くらい前のモデル)のAF70-210mm/F3.5-4.5で撮った写真。Joeは1年ぐらい前から単焦点レンズ派に転向して、しかも標準~準広角派だから、望遠のズームレンズというとこのレンズくらいしか持ってなかったんだよね。このレンズも中古で5千円で買ったレンズだけど・・・。
PhotoZoneの評価によると、AF70-210mm/F4はこのレンズよりも星1つ以上描写性に優れているみたいだから、ホントどんな写真が撮れるか楽しみですねぇ♪ アサヒカメラ編「α-7デジタルのすべて」の作例写真なんかなかなかスゴイもんねぇ。

カメラ | 00:46:32
半年ぶりぐらいかな・・
一昨日の夕木さんの撮影会では、久々にズームレンズのタムロンAF28-75mm/F2.8もちょっとだけ使用しました。ズームレンズを使ったのは何ヶ月ぶりだろう。去年秋の葉里真央さんのグランドスラム撮影会以来かなぁ・・・。た~まに持っていくことはあるんだけど、ほとんど使わずに持って帰ってくるだけだったもんねぇ。
このタムロンのズーム・レンズはまぁまぁ良いレンズなんだけど、普段Joeが使ってる純正の単焦点レンズとは色目とか、ボケ味とか、描写性が異なるんだよねぇ。単焦点レンズに比べてF値も1~2段暗いから、ファインダーの見やすさもちょっと違うしね。それでどうしても違和感を感じて、あまり使わなくなっちゃう。一昨日の撮影会でも25枚撮って、スグに他のレンズに変えちゃった。まぁ、普段使ってるレンズに比べてデカくて重いから、撮ってて疲れたからという話もありますが・・・。(笑) といっても、このレンズは510gと大口径ズームとしてはかなり軽量・コンパクトだけどね。でも、Joeが普段使ってるレンズに比べると、200g以上は重い。
撮ってる時も、ズームリングを回しながらズーミングをするのはどうも感じが合わなくて、結局焦点距離を合わせたらあとはカラダでズーミングしてたし。(笑) ほとんどズーム・レンズの使い方を忘れてましたねぇ。Joeはほんとズーム・レンズの使い方が下手です。ズーム・レンズじゃないと撮り辛い状況とかあるかも知れないし、たまにはズーム・レンズの使い方も練習しておかなきゃいけないなぁ・・・。

それでは今夜の写真。5/14のプレミア撮影会1部の夕木えつこさん@横浜山下公園の写真です。(α-7D撮影)
1枚めの写真がタムロンAF28-75mm/F2.8の写真で、2枚目の写真がAF35mm/F2の写真です。両方ともほとんど同じ焦点距離で絞りもF2.8で撮った写真だけど、色目とかボケの感じが結構違うでしょう。まぁ、レンズの撮り比べをするために撮ったわけではないので、撮影距離や露出が違うから、直接比較はできないけどね。
5/14プレミア撮影会1部の夕木えつこさん@横浜山下公園の写真(タム28-75mm/F2.8)  5/14プレミア撮影会1部の夕木えつこさん@横浜山下公園の写真(AF35mm/F2)

昨日は久々の撮影会参加だったから、とっても楽しかったけど、疲れもやっぱりあったみたい。昨夜は撮影した写真データのコピーとバックアップ、そして縦横変換と簡単なピントチェックをして、イベント日記のブログを書いたらもう0時を過ぎちゃったので、眠くてそのまま寝ちゃった。今夜もPCで音楽を聴きながら写真でデータの整理をしてたら、いつの間にかうたた寝しちゃってました。2時間以上も・・・。それで今夜のブログはこんなに遅い時間です。さぁまた寝るかぁ。(笑)

カメラ | 02:22:10
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。