■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今週末は撮影会参加はムリかぁ・・・
今週末は、天気が良ければ撮影会に行ってこようかなぁとも思ってましたが、年度末で仕事が忙しくて、この土・日は家で仕事(報告書の作成など)をこなさないといけなさそう・・・。家でできる仕事が多いのも考えもんですよねぇ。仕事とプライベートの時間が曖昧になるから。実質的な仕事時間は、会社に滞在している時間よりもかなり多くなっちゃいます。まぁ、Joeの仕事はあくまでも結果が全てで、働いた時間やプロセスはほとんど評価されない仕事だけどね。
来週半ば過ぎまではそんな状況だと思いますが、時間の合間を見て、遅れてる写真のアップも何とか少しずつでもやりたいなぁ・・・。

それでは今夜の写真。去年3/6のプレミア撮影会3部のこばやしまりさん@新宿御苑スタジオの写真です。(α-7D撮影)
この撮影会でJoeは初めてこばまりさんを撮影したんだよねぇ。その前のこばまりさんの3回の撮影会は、タイミングが合わなかったりして参加できなかったから。あれからもう1年以上になるんだねぇ。月日が経つのはホント速いものです。
こばまりさんは現在、DVDの撮影のためタイに渡航中みたいです。今月いっぱいは向こうなのかな。ブログによるとこばまりさん、出発の日に大寝坊したみたいだけど、飛行機には間に合ったのかなぁ・・・。
去年3/6プレミア撮影会3部のこばやしまりさん@新宿御苑スタジオの写真

因みに今夜のBGMはデューク・ジョーダンの「フライト・トゥ・ジョーダン」(’60)。デューク・ジョーダンは生え抜きのハード・バッパー。ブルース・フィーリングに溢れる、アーシーなプレイが魅力です。それにジョーダンは、コンポーザーとしても有名だよ。「危険な関係のブルース」、「ジョードゥ」、「スコッチ・ブルース」など、好い曲をたくさん書いてます。
このアルバムは、ちょっと不運・不遇だったアメリカ時代に、ブルーノートに吹き込んだ、ジョーダンの代表的なアルバムのうちの1枚だよ。全6曲ともジョーダンのオリジナルで、「危険な関係のブルース」(このアルバムでのタイトルは「シ・ジョヤ」)を始めとして、「フライト・トゥ・ジョーダン」、「スター・ブライト」など、好い曲がいっぱいだよ。「危険な関係のブルース(ノー・プロブレム)」は映画「危険な関係」のテーマ曲だけど、ジョーダンは作曲者でありながら、映画では別人(J.マレー)の名前がクレジットされて、しかも曲の権利までもが全て相手に持っていかれたため、名誉も金銭も得られなかったんだよね。このアルバムの「危険な関係のブルース」は、ジョーダンが初めて自分で吹き込んだバージョンだよ。しかも更にトラブルにならない様に、「シ・ジョヤ」とタイトルを変更して。この2年後に、不当な扱いを受けたジョーダンに同情したチャーリー・パーカーの未亡人ドリスが、チャーリー・パーカー・レコードに正式な作曲者である彼自身の名前でアルバム「危険な関係のブルース」を吹き込ませたんだけど、その中で彼は真の作曲者として、3つのバージョンを収録するという執念を見せたんだよね。
映画のテーマ曲として使われて大ヒットしたアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのバージョンも好いけど、このアーシーなジョーダンのバージョンもとっても好いよぉ♪
スポンサーサイト


戯言日記 | 00:55:17

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。