■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1本仲間入り
この度、Joeのレンズコレクションにまたレンズが1本加わりました。今度のレンズはα純正のAF28mm/F2NEW。安価な旧型(初期型)の方を探していたんだけど、現行タイプ(NEW型)が安く中古で出ていたので、GETしたよ。光学系はほとんど同じだけど、NEW型は円形絞りでボケ味が美しいから、旧型より1万円弱高かったけどまぁ好いかぁ。
Joeは28mmの単焦点レンズは、一般的に評判の良いシグマの28mm/F1.8EX DGを持っているんだけど、どうもこのレンズ、色目や描写性がJoeのフィーリングに合わなくて、イマイチ好い感じの写真が撮れなかったんだよねぇ。サイズもデカくて、Joeの撮影スタイルにもあまりマッチングしてなかったし。それでα純正のAF28mm/F2を探してました。とりあえず、AF28mmのピントテストだけはしてみたけど、どの撮影距離でもAFの合焦はバッチリ。絞り開放F2でも撮影距離30cmで被写界深度±4mm位の合焦精度だよ。撮影距離で合焦精度にバラツキがあったシグマの28mmより、全然良いねぇ。サスガα純正の単焦点。
これでJoeの持っているα純正の単焦点レンズのラインナップは、AF20mm/F2.8、AF24mm/F2.8、AF28mm/F2NEW、AF35mm/F2NEW、AF50mm/F1.4NEW、AFマクロ50mm/F2.8、AF100mm/F2の7本になりましたねぇ。正確には旧タイプのAF50mm/F1.4も持ってるから8本だけど、このレンズはそのうち手放そうと思っているから。8本とも中古で購入したから、合計金額でやっと購入時のα-7Dのボディー価格と同じくらいになったかな。1本あたりの平均購入価格は2万円くらいです。8本合わせても、某社の高級標準ズームレンズより、まだ全然安い。(笑)
これで広角~標準の単焦点レンズはほぼ予定通りにGETできましたねぇ。あとAF35mm/F1.4Gが残っているけど。このレンズは逆光撮影に強くて、ボケ味がキレイで描写性に優れた銘玉中の銘玉の大口径レンズだけど。でも、中古で10万円以上するレンズだから、Joeにとっては高嶺の花かな。そう言えばJoeは、AF35mm/F1.4G、AF85mm/F1.4G、AFマクロ100mm/F2.8、STF135mm/F2.8(T4.5)などの、α純正の看板レンズを1本も持ってないんだよね。マクロ100mm以外は結構高価なレンズだしね。レンズをウェストポーチに入れて、どんどん交換するタイプのJoeには、あまり高価なレンズは扱いにくくって・・・。それに、看板レンズ以外の現有の単焦点レンズでも、Joeは描写性に充分満足してるし。看板レンズはそれ以上にスゴイ描写性を持っているみたいだから、いつかは使ってみたいけど・・・。
今週末はちょっとだけ撮影会に参加する予定だから、早速AF28mm/F2NEWを試してみようかな。CAPA交換レンズガイドの西平先生も愛用しているというレンズだから、どんな描写をするのかとっても楽しみデス♪ これで撮影結果が好いようであれば、早速シグマの28mm/F1.8EX DGを手放そうかなぁ。(笑)

それでは今夜の写真。去年11/6のプレミア撮影会4部の和泉真葵さん@御苑スタジオの写真です。(α-7D撮影)
この写真はAF24mm/F2.8で撮った写真。このレンズは画角から室内撮影で重宝していたレンズだけど、α純正の単焦点レンズの中で1番描写が甘めになりやすいレンズなので、これからはAF28mm/F2NEWが室内撮影の主力レンズになるかも・・・。
11/6プレミア撮影会4部の和泉真葵さん@御苑スタジオの写真

スポンサーサイト


カメラ | 01:35:05

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。