■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっぱり単焦点レンズが好き♪
先日、撮影会の途中で、ちょっとカメラのレンズの話題になったんだよね。その時の多数意見は、やっぱりズームレンズの方が単焦点レンズよりも撮りやすいよねということ。
一般的にはそうだよね。ズームレンズは、1本で何本分かの単焦点レンズの画角をカバーできるから。標準ズームとかだと、レンズを交換しなくても1本で広角から望遠までカバーできるもんねぇ。ズームレンズの最大のメリットは、やっぱり利便性です。
でもJoeは、少数派の単焦点レンズ派。Joeは単焦点レンズの方が撮りやすいんだよね。単焦点レンズのメリットは、明るくて(開放F値が小さい)、軽量コンパクトであること。フットワーク重視で動きが多いJoeにとって、取り回しが容易で小回りがきく単焦点レンズのコンパクトさは、最大の魅力。長時間の撮影だと、負荷が大きい重いズームレンズに比べて、かなり疲労感が緩和できるしね。
あと、動きの多いJoeは手ぶれ防止のためになるべく速いスピードでシャッターをきりたいので、開放F値に近い絞り値でも描写性能が良い単焦点レンズは、物凄いメリットがあります。
それから、単焦点レンズって安価なレンズでも、描写がとても良いからねぇ。高価な大口径単焦点レンズとと、安価な中口径単焦点レンズと、ほとんど描写性能に差はないから。ただ、大口径レンズの方がF1.4とかより明るい絞りで撮影できて、その開放絞りでの描写に独特の味はあるけどね。F2.8以上ならほとんど描写に差はなく、F5.6ならほとんどの単焦点レンズが最高画質の描写になるから。
もちろんズームレンズでも、単焦点レンズに匹敵するような描写特性を持つレンズもあるけどね。ただ、それだけの描写をするズームレンズって、一般に高価な大口径ズームレンズなんだよね。大体20万円クラスの。タムロンやシグマから、安価(3~4万円程度)で描写性能の良い大口径ズームレンズも発売されているけどね。でも、安価な中口径単焦点レンズと比べても、描写性能はちょっと落ちるかな。高価な純正大口径ズームレンズでも、ボケの素直さ・キレイさは、単焦点レンズにはちょっと敵わないしね。
あと、ボケ感や、パース(遠近感)や、背景の圧縮効果などは、レンズの焦点距離と撮影距離に依存するから、単焦点レンズで寄りながらアップを撮るのと、ズームレンズでズーミングしてアップを撮るのは、似て非なるもので、ボケ感、パース、圧縮効果などがかなり違うからね。そういう意味においてもJoeは、単焦点レンズでフットワークを生かしながら撮る方が撮りやすいと思ってるけど。
でも、Joeみたいな単焦点レンズ派は少数だけどね。(笑) 一般的には、画角をスグにチェンジできるズームレンズの方が撮りやすいと言う人の方が圧倒的に多いと思うよ。単焦点の描写には魅力を感じてても、扱いが難しいと思っている人の方が多数だと思います。
まぁ、みんな同じスタイルで撮影する必要もないと思うしね。人それぞれ、自分にあったスタイルがあると思うし、自分が撮りやすいと思う方法で、自分が撮りたい写真を楽しく撮れば良いかと♪
因みに、Joeが普段、1番撮影に使ってるレンズは、昔中古カメラ屋で2万円強で買った、ミノルタAF35mm/F2NEWというレンズ。スタジオ撮影では9割以上、野外でも半分以上はこのレンズで撮影してるかな。あとは同じく中古で買った、2万円弱のミノルタAF50mm/F1.4NEWと、3万円のミノルタAF100mm/F2を合わせて、この3本で9割以上を撮影してると思うよ。ミノルタAF35mm/F1.4GとかミノルタAF80-200mm/F2.8Gとかのもっと高価なレンズも持ってるけど、重たいから普段はあんまり使わないかも。前の3本のレンズのコンパクトさと描写性能を気にいってるしね♪
標準ズームレンズも、タムロンAF28-75mm/F2.8、ミノルタAF24-85mm/F3.5-4.5NEW、AF28-135mm/F4-4.5などを持ってるけど、普段あんまり使ってないねぇ。
なので、Joeはズームレンズの使い方、ヘタだよぉ。ズーミングする時とかぎこちないかも。良くズーミングするのを忘れて、フットワークでアップを撮りに行ってるしね。(笑)

それでは今夜の写真。去年11/3のアケスタ撮影会4部の田井中茉莉亜ちゃん@アケスタ曙橋スタジオの写真です。
去年11/3 アケスタ撮影会4部の田井中茉莉亜ちゃん@アケスタ曙橋スタジオの写真(α-7D&AF28-135mm(75mm):F4.5X1/125s@ISO400)
田井中茉莉亜ちゃんは今月から、4人組のアイドル・ユニット「ドミノモード」のメンバーとして活動することになりました♪ まりあちゃん、おめでとう~☆
これから、多数のライブ出演やデビュー曲が収録されたコンピCDの発売&イベント出演などがあるみたいだよ。もちろん、ソロ活動の撮影会やネット・ドラマなどへの出演なども。
まりあちゃんのブログや、ドミノモードのブログなどで、スケジュールをチェックしてみて♪

因みに、この写真を撮ったアケスタのスタジオは、撮影位置の境界線があって奥行きがあまりないから、このスタジオでは単焦点派のJoeも、サスガにズームレンズで撮ってます。このスタジオで単焦点レンズで撮るのはかなり難しいからね。サスガにJoeでも、このスタジオでは動いて撮れない。(笑) 昔、2台のα-7DにそれぞれAF50mmとAF100mmをつけて、動ける範囲で少しでも撮ったことはあるけど。
それで、このスタジオでJoeが1番使ってるレンズは、AF28-135mm/F4-4.5って言うズームレンズなんだよね。アケスタでも、このレンズ1本でフルショットからバストアップまで撮れます。アケスタでは9割以上、このレンズで撮影してるかも。
実はこのレンズ、かなり古いレンズで20年前くらいのモデル。多分、’85年位の発売で’90年過ぎくらいにはディスコンになってるレンズだと思います。古すぎて資料があまりないから、良く素性がわからないレンズだったりして。(笑)
このレンズ、重い(800g位)、寄れない(最短撮影距離1.5m)、暗い(F値が実質4.5通し)と、欠点が3拍子揃ってる、見た目も古臭いレンズなんだけど、描写性能だけは1級品なんだよね。個人的には、銘玉といわれるタムロンAF28-75mm/F2.8よりも色目や描写が好きです。現代のレンズとちょっと違った感じで、なまめかしい描写をするレンズなんだよね。
Joeが持ってるズームレンズの中では、ミノルタAF80-200mm/F2.8Gと並んで好きなレンズかも♪ まさか、中古で5千円で買ったレンズが、こんなに使用頻度が高くなると思わなかったけど。(笑)
スポンサーサイト


カメラ | 01:28:47

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。