■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
来週の週末は晴れて暖かいと好いね♪
今日は天気がぐずつき気味で、寒い1日でしたねぇ。Joeはお昼に昼食兼ショッピングで近くの街に出かけた時と夕食を食べに近くのレストランに出かけた以外は、お家でノンビリ過ごしてました。Jazzでもききながら、ゆっくり写真のセレクト作業もちょっとやったけど、Jazzを子守唄にコタツでシエスタの時間の方が全然多かったかな。(笑) 充分休養が摂れたので、明日からガンバリます。と言いながら、ガンバル明日がなかなかやってこないけどね。(笑)

それでは今夜の写真。11/12のプレミア撮影会3部の葉里真央さん@代々木公園の写真です。ちょっと奥様風の真央さんかな。(笑)
11/12プレミア撮影会3部の葉里真央さん@代々木公園の写真(α-7D&AF50mmマクロ:F2.8X1/80s@ISO400)

でも、この写真は髪型の上部をフレームアウトして、シブめのスカイグレーのストールを羽織っているからシックな雰囲気だけど、本当はカワイイヘアースタイルとアジアンワンピースで、3部の真央さんはキュートな感じだったんだよね。因みに1分前の写真はこんな感じ。真央さん、カワイイ~♡
11/12プレミア撮影会3部の葉里真央さん@代々木公園の写真(α-7D&AF50mmマクロ:F2.8X1/80s@ISO400)

今月参加した3回の撮影会では、プロカメラマンの萩原和幸さんの様に自分自身をレフ板やキャッチライト代わりにできないかと思い、白い服を着て撮影してみたんだけど、なかなか思った様には上手く行きませんでしたねぇ。自分レフは身体がデカイ人じゃないと難しいみたいで。Joeは水ぶくれで比重が重いから、体重の割りに表面積はあまり大きくないからねぇ。(笑) 自分レフ効果はあまりなくて、キャッチライトとしてうっすらと瞳に映っているくらいかなぁ。あまり効果はなかったみたい。これだったら、ガラスなどへの余分な映りこみの防止やモデルさんをあまり眩しがらせない様に、黒っぽい服の方が好いかも・・・。多分、自分レフを生かすためには、効果的な撮影位置や角度などのノウハウがあるんでしょうね。やっぱり、プロの人の技を真似するのは難しい。

それではここで、葉里真央さんの出演情報。いよいよ来週12月3日(日)は、葉里真央さんのDVD「ミラクル・マオ」発売記念のサイン会(トーク&握手会)ですねぇ。15時から秋葉原のヤマギワソフト/アニメ館の4Fイベントスペースで開催だよ。このイベントの詳細は下記のヤマギワソフトさんのイベント情報を参照してくださ~い。
(PC用)
http://www.yamagiwasoft.com/event/akiba/a_06120315.html
(携帯用)
http://www.yamagiwasoft.com/i/akiba/ia_06120315.html

真央さんのDVDイベントは、8月26日に時見愛子さんとのユニット「ロリチョップ」のDVD「Lorichop」の発売記念イベントがあったけど、ソロとしては去年の1/16のDVD「Aglaea」(リニューアル版)の発売記念イベント以来かなぁ。いやぁ、ホント久々ですねぇ。イベントでのまおまおトーク、とっても楽しみです♪
アニメ館のイベント会場はステージと客席が近いから、一体感のある楽しいイベントになるんじゃないかなぁ。撮影タイムとか、かなり近距離で撮影できると思います。撮影会の時と違ってイベントの時には思いっきり緊張しちゃうJoeは、トキメキぶれしちゃうかも。(笑) 手ぶれ防止のために、なるべく明るいレンズで感度を上げて、高速シャッターで撮影する様にしようかな。
尚、ステージがかなり狭いので、真央さん、ステージから転げ落ちない様に注意してね。(笑)

因みに、今夜のBGMはデビット・ベノワの初期(AVI時代)のベスト・アルバム「アーティスツ・チョイス」。ベノワはL.A.フュージョン派のピアニスト。美しくてとてもロマンティクなピアノを弾く人だよ。フュージョンのキーボーディストはどちらかというとエレクトリック・ピアノがメインの人が多いんだけど、ベノワはアコースティック・ピアノがメイン。ベノワのピアノはとても美しくて、ホントしっとりとした調べだよ。いつ聴いてもホッとするね。
ベノアのピアノはキレイでとても聴きやすいから、よくデパートやショップなどでBGMとして流れているから、聴いたことがある人も多いかも。Joeも今日の昼間近くの街に出かけた時に、このアルバムに入ってる「ウインド・シーズン」が流れているのを聴いて、今夜はこのアルバムをBGMに選びました。
このアルバムは全て彼のオリジナルの曲で、好い曲がいっぱいだよ。「ライフ・イズ・ライク・ア・サンバ」、「キャン・ユー・イマジン」、「ハーモサ・スカイライン」、「サム・アザー・サンセット」、「ステージズ」、「オシアーナ」、「ゴールド・コースト」、「イフ・アイ・クッド・リーチ・レインボー」など、とっても好いねぇ♪

おっ今夜は珍しく、ブログのアップの時間が早い。(笑)

スポンサーサイト
葉里真央 | 22:22:37

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。