■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デジカメのボケの大きさって・・・
デジタルカメラで、CCDやCMOSなどの撮像素子の大きさでボケ具合が違うと言われます。JoeもAPS-CサイズCCDのα-7Dと、2/3サイズCCDのDimage A1を使用してるけど、実際に同じ焦点距離(35mm換算値)だとA1の方が全然ボケが小さいもんねぇ。それでちょっとこの理由を考えてみたよ。でも、Joeはカメラのことはあまり詳しくないので、間違っているかも知れないので、まぁ1つの参考意見として適当に聞いてください。
写真のボケの大きさεは概ね、ε=f^2/LF (f:焦点距離、L:撮影距離、F:絞り値)で表されるそうです。これはとある本に載っていたから、多分正しいでしょう。それで仮に、撮像素子の大きさが小さくて、35mm換算値で焦点距離がn倍になる撮像素子サイズのカメラがあるとします。そうすると、35mm換算で考えると、換算焦点距離がf’がnf、撮影距離L’は変わらずL、ボケの大きさε’は撮像をn倍に拡大することになるのでnεとなるから、上の式はnε=(nf)^2/LF’となります。
この式より、F'=(nf)^2/nεL=n(f^2/εL)=nFとなり、ボケの大きさは、換算F値がnFの時のボケと同じ大きさとなります。そうすると、35mm換算値で焦点距離がn倍になる撮像素子サイズのカメラのボケの大きさは、35mmのフィルムカメラ(またはフルサイズのデジタルカメラ)でn倍にF値を絞った時のボケの大きさと同じになるということになり、APS-Cサイズ(n=1.5)だと1.5倍(約1段)、フォーサーズ(n=2)だと2倍(2段)、2/3サイズだと(n=3.9)だと3.9倍(約4段)絞りを絞った時のボケの大きさに相当することになります。
雑誌のボケ比較の実験記事を見ると、ボケの感じはフルサイズとAPS-Cサイズで絞り1段分、APS-Cサイズとフォーサーズで絞り1段分、APS-Cサイズと2/3サイズで絞り2.5段分以上違うと書いてあるので、概ね上の計算結果と一致してるかなぁ。
因みに645判の中判デジカメは、CCDサイズがフルサイズの2倍(焦点距離は1.4倍)だから、フルサイズよりも更に1段分絞りを開けたボケになるのかぁ。スゴイねぇ。マミヤZDとかの中判デジカメ、1度使ってみたいよね。でも、CCDサイズはAPS-Cのデジカメの4.6倍でもお値段は更に倍だから(ボディーの値段だけで車が買えるよ)、Joeにはムリだけど。(笑)

それでは今夜の写真。2/5のプレミア撮影会1部の夕木えつこさん@港の見える丘公園の写真です。(α-7D撮影)
今週の日曜日(3/5)に、夕木えつこさんが出演するプレミア撮影会が開催されます。今回は、高井戸の公園での野外撮影と、車で各撮影場所に移動するロケ撮影会だよ。
詳しくは、プレミア企画さんのHPをご覧ください。
この撮影会までに、この2/5の撮影会の写真をHPにアップしたいから、もしかしたら夕木さんの写真を先にアップするかも知れません。でも、早くてもアップは金曜日の夜頃かなぁ・・・。
2/5プレミア撮影会1部の夕木えつこさん@港の見える丘公園の写真


スポンサーサイト
カメラ | 00:38:46

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。