■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オータム・リーヴス
最近、めっきり寒くなってきなしたねぇ。寒がりのJoeは、部屋ではすっかり、ヒータの前が定位置になっています。(笑) 昔から寒いのは、ホント苦手なのよ。北国生まれ、しかも12月の生まれなのにねぇ・・・。
最近の冷え込みで、街の街路樹も紅葉~落葉の状態に。すっかり晩秋の雰囲気ですねぇ。歩道を歩きながら、こんな雰囲気で秋モードの写真を撮りたいなぁと思ったりして。一方で、これだけ寒いと、撮る時ツライなぁとも思いますが・・・。(笑)
来月の上旬ぐらいまで、この紅葉残っているかなぁ。もう、冬の雰囲気になっちゃうかなぁ。来月上旬の撮影会はできれば、紅葉の中で晩秋の雰囲気のポートレートが撮りたいですねぇ。何とかオータム・リーヴスにガンバってもらって、残っていてほしいなぁ・・・。

それでは今夜の写真。11/12のプレミア撮影会1部の森崎愛さん@恵比寿南一公園の写真です。(α-7D撮影)
この時は紅葉や落葉も少しあったけど、まだ晩秋の雰囲気にはちょっと早かったかな・・・。
11/12プレミア撮影会1部の森崎愛さん@恵比寿南一公園の写真

因みに今夜のBGMは、ビル・エヴァンス&ジェレミー・スタイグの「ホワッツ・ニュー」(’69)。ビル・エヴァンス(p)、エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds)のビル・エヴァンス・トリオと、ジャズ・フルート界の異才ジェレミー・スタイグとの共演盤です。
このアルバムに入っている「オータム・リーヴス」は最高だよぉ♪ エヴァンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアンの第1期ビル・エヴァンス・トリオの「ポートレイト・イン・ジャズ」(’59)の中の「オータム・リーヴス」と双璧の名演です。モーダルで抒情的なエヴァンスのピアノと、エモーショナルなスタイグのフルートのインタープレイがホント素晴らしい。他にも、「ストレート・ノー・チェイサー」、「ホワッツ・ニュー」、「ソー・ホワット」などのモーダルな演奏もとっても好いし、「ラヴァー・マン」や「スパルタカス 愛のテーマ」もほんと素敵だし、名演揃いの好いアルバムだよぉ♪

スポンサーサイト
戯言日記 | 23:30:18

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。