■プロフィール

R.C.Joe

  • Author:R.C.Joe
  • 撮影会でモデルさんと楽しくコミュニケーションをとりながら、楽しく撮影することをひたすら目指す、万年初心者カメラマン(本職は技術系サラリーマン)。
    摺り足でモデルさんに段々近付きながら撮る、独特の撮影スタイルが特徴。
    東京都在住、O型
    12月30日生れ
    自称29(+α)才

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■葉里真央さんの公式ブログ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
のんべんだらりん
今日の祝日は、朝ゆっくり起きて、そのあと近くの街をブラブラしながらショッピングをして、帰宅後にちょっとシエスタ、そして夜はノンビリと写真のセレクションやイベント日記の執筆をという感じ過ごしました。1日の休みなんて、あっという間に終わるものですねぇ。
本当はもっとスピードアップして、写真やイベント日記のアップをしなきゃいけないんだけど・・・。根がグータラなJoeは、マイ・ペースでノンビリやっちゃうから、なかなか完成しない。締め切り間際にならないと、なかなかパワー・アップしないタイプだから。(笑)
今週もまた、予定からかなり遅れて、アップは週末ギリギリになりそうですねぇ・・・。

それでは今日の写真。10/22のプレミア撮影会2部の、森崎愛さん&小川裕美子さん@代々木八幡周辺の写真です。(α-7D撮影)
愛さんと裕美子さんの写真のアップは来週の予定。でも、また撮影会がある11/12の直前になりそう・・・。
10/22プレミア撮影会2部の森崎愛さん&小川裕美子さん@代々木八幡周辺の写真

因みに今日のBGMは、アル・クーパー、BS&Tとくればこれしかないでしょうということで、ザ・バターフィールド・ブルース・バンドの「イースト・ウェスト」(’66)。バターフィールド・ブルース・バンドは、白人ブルース・ハープ(ハーモニカ)の第一人者であるポール・バターフィールドがシカゴ大学在学中に、マイク・ブルームフィールド(スライド・ギターの名手)やエルヴィン・ビショップらと出会って意気投合して結成されたホワイト・ブルース/エレクトリック・ブルース・バンドで、アメリカン・ブルース・ロックの先駆け(始祖)のグループです。フォーク&ロックの神様的存在のボブ・ディランにも大きな影響を与え、サザン・ロックのルーツとなり、ブラス・ロックやサイケデリック・ロックなどのアメリカ独自のロック誕生に大きな影響を及ぼした、偉大なグループだよ。
「イースト・ウェスト」は彼らの2ndアルバムで、最高傑作の名盤。Joeはバターフィールド・ブルース・バンドもLPでしか持っていないから、今夜もターンテーブルで聴いてます。このLP(輸入盤)も18年モノくらいかな。(笑) その頃は結構、サザン・ロック、スワンプ・ロック、ブルース・ロックなどに傾倒していたので・・・。
この頃のバターフィールド・ブルース・バンドは、バターフィールドのブルージーなヴォーカルとハープ、それにパワフルなブルームフィールドとビショップのツイン・ギターがとってもカッコイイよぉ。「ウォーキン・ブルース」や「アイ・ガット・ア・マインド・トゥ・ギヴ・アップ・リヴィング」などのブルースもとっても好いし、「ワーク・ソング」、「イースト・ウェスト」などのインスツルメンタルもステキです。バターフィールドのブルース・ハープとブルームフィールドのスライド・ギター、ほんとシビレます。

スポンサーサイト
音楽 | 23:55:49

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。